黒柴 大福まめの散歩道に銀杏が落ちてた

朝の散歩はだんだん肌寒くなってきて、早起きもつらい季節になりました。

そんな寒い散歩道に黄色い実が落ちていました。

スポンサーリンク

こんな所に銀杏が

落ちていたのは銀杏の実です。

見上げると大きなイチョウの木に銀杏がいっぱいなっていました。

子供の頃、おじいさんが銀杏をいっぱい取ってきたことを覚えています。
銀杏は触ると手がかぶれると言われて、今まで触ったことがありません。
銀杏の実は土に埋めておいてしばらくしてから洗って種を取り出すといいと教えてもらいました。

でも私は、銀杏が大量にとれるようなイチョウの木を、いままで見たことがありませんでした。

こんな近くにあったとは。

おいしそう。

犬の鼻が銀杏に触れるとかぶれてしまうのでしょうか?

用心して引っ張っていきました。

© まめ家

スポンサーリンク

シェアする

フォローよろしくお願いします。