黒柴 大福まめ、だっこして散歩が日課です。

img_2870

大福まめは3回目のワクチン注射が終わるまで、散歩デビューさせないつもりです。

そのかわり、毎日抱っこして散歩に連れて行きます。

スポンサーリンク

ハーネスをつけて散歩

img_2867

ハーネスにも慣れさせるため、いつもつけてます。

散歩の時はおとなしい

img_2873

景色を一生懸命見てます。

img_2889

家ではいつも走り回っている大福まめですが、だっこの散歩ではおとなしくしています。

img_2884

しっかり前を向いていろんなことを学習しているみたいです。

img_2891

これも僕の仲間かな?(大福まめ)

© まめ家

スポンサーリンク

シェアする

フォローよろしくお願いします。

コメント

  1. ami より:

    初めまして。大福まめちゃん、可愛いすぎていつも癒されています。成長がとっても楽しみですね!これからもいっぱい見せてくださいね!
    私も黒柴がとても好きで近い将来、飼いたいと思っているのですが、こちらの過去のブログに、犬は親の性格を遺伝するって書かれていて。。親犬を選んだ方が良いと。
    ブリーダーで買う場合、ちゃんと親犬を選べたり親の性格まで見れたりするのでしょうか?以前一つだけブリーダーさんに見学に行ったのですが、犬達が生活している犬舎は見せていただけなかったんです。ブリーダーさんが何匹かの犬をどこからか一匹一匹連れてくる感じで。でもそれだと、親犬や生活環境は分からないですよね。
    普通は山本ブリーダーさんのようにオープンなのでしょうか?

    • 虎まめ より:

      amiさん、書き込みありがとうございます。

      私の場合、山本ブリーダーさんのご厚意で何度も訪問して、親犬を見させて頂きました。
      山本さんは、4頭の雌と2頭の雄をお持ちでした。
      どの犬も温和で人なつこい犬ばかりです。

      山本ブリーダーさんの6頭の犬たちがとても気にいりましたので、その子犬を指定して選ばせて頂きました。
      そのため、山本ブリーダーさんにお願いしたのが2月で、連れて帰ったのが8月ですから、6ヶ月近く待つことになりました。
      4頭の雌たちは1月に出産したばかりだったからです。(私は雄犬を希望していたのですが、雌犬しか残っていませんでした。)

      もちろん、すぐに連れて帰れる犬も山本ブリーダーさんは扱われていました。
      山本ブリーダーさんが余所にお世話をした犬たちの子犬です。
      しかし、私は山本ブリーダーさん以外の犬の子犬は考えられませんでした。
      それは亡くなった黒まめと血が繋がっていたからです。
      とくに銀ちゃんに会って黒まめの生き写しのように感じました。

      大福まめが生まれてから、山本ブリーダーさんはこまめにラインで連絡を下さいました。
      様々な質問にもお答え頂けました。
      今でも連絡すると親切に色々教えてくださいます。

      全てのブリーダーさんがこういった対応をしてくださるとは思えませんが、私は親切なブリーダーさんに出会えて幸運でした。

      親犬を選んでから、その子犬をご手配いただくには私のように半年も待つことになるかもしれません。
      しかし、10年以上もパートナーになる犬ですので、半年ぐらいどうということはありません。

      私は大福まめに出会えて幸せです。